セミナー・申請業務・資格取得・リーダー育成プログラム【トップ オーダー】
 
 
 
             
 
 
          
 
 
 カウンセリングは、その基本的な考え方がベースにあって理論に従って実施され結果をだすものです。
闇雲に又は感覚で捕らえて結論に導いて行くものではありません。
誰しもが、その理論を理解することが出来れば、結論を導き出すKOはできるのです。
勿論、ひとつの山に登るのに様々な道がある訳ですが、どの道でも登ればよいと言うものではありません。
その人、それぞれにあった道を選択するからこそ、最適なルートを選んで山に登れるのです。
誰しもが最短コースを選択すれば満足できる訳ではありません。最短コースは傾斜が急で上れない人も出てきます。
その人の体力や技術を理解したうえで選ばれるべきコースが存在します。
その様な力を理解出来る人がカウンセラーです。
 
 すから、カウンセリングにとって 理解刷る小t0男鹿大切です。
  理解は相手を知るということになります。知ることは力です。相手の能力を知って、相手を理解したといえるのです。
  でも一方的に理解したと思い込んでも、相手も理解することが無ければ、その理解は理解にはなりません。
  それは、相手に理解が生まれ無いからです。相互理解があってこその理解といえます。

では、どうして相互理解をERUKOができるのでしょうか・
 それは伝達。郵便と一緒で配達されなければ届きません。では理解とは何を届けるのでしょうか?
 それを共感と言います。共感を伝えることができるからこそ、相互の理解が出来ることになるのです。

吉沢メソッドは、この部分にあります。
 理解 共感 伝達にあります。
いかに上記を、系統だって動かすかということです。
 そこには、様々なファクターが存在しますから、対応する力を考えながら運用していくことになります。

人を知る力は人を動かす力になります。
あなたが、人に協力を得たいなら、この力が必要です。
自分を理解してもらう、行動と意見をもたなければならないのです。
一人よがりの行動は説得力を持たないのです。
どうやって理解し共感し伝達するかを検討して得られるメソッドが大切です。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TOP order
武蔵野事務所 杉並事務所 四谷事務所
0120-777-267
information@lymph-pti.jp